その後のグラウンドカバーとフリをする雑草


以前、このブログでご紹介した鎌ヶ谷市I様邸のその後の様子をご紹介します。


アプローチは天然石とグラウンドカバーの組み合わせ。

グランドカバーの緑のディコンドラは、秋の終わりに種を蒔いたので、冬をうまく越せるかちょっと心配していました。


門塀周り。

植えた当初は小さかった宿根草、半年後には一回り大きく成長しました。

ここまで育てば宿根草が土の面を覆ってくれるので、雑草がはびこりにくく手がかかりません。

アジサイのアナベルもはじめてのお花を咲かせてくれました。


門塀からのアプローチ。

北東側は北風が当たり、建物にはさまれて半日陰の場所ですが、グランドカバーのディコンドラは、よく育っています。


日がよくあたる南東側は、元気に生えそろっています。

自然石とグラウンドカバーで理想の草目地が完成しました。


ここまで成長すれば、雑草はほとんど入り込めなくなります。

しかも!ディコンドラは芝と違って刈り込みをしなくてOK。

手間のかからない庭に、ぜひ取り入れたい植物です。



そして、、

この美しくキレイに育っているのはなんとヨモギ(Artemisia princeps)。


…このように「植えてもらいました!」というフリをして、見事に風景に納まる雑草もいますので、皆さんもご注意ください!

閲覧数:84回