380862566.jpg

ロハスガーデンズの考える

​メンテナンスフリーの庭

07

「駐車場はコンクリート!」って思い込んでいませんか?私たちがオススメしたい4つのアプローチ

ご自宅の駐車場スペースをコンクリート仕上げにしているお宅は多いと思います。

 

新築で駐車場を検討されるお客さまも「駐車場はコンクリートで」と希望されることが多いです。それくらい駐車場といえばコンクリート素材のもの、という印象が一般的なのかも知れませんね。

 

たしかに駐車場をコンクリートでつくるメリットは大きいと思います。車の荷重に耐えられることはもちろん、雨の日も靴が泥で汚れることはありません。お庭の面積に対して明るい印象となりますし、シンプルでありながらモダンな印象も与えられます。

 

ただ、その反面、長い年月が経つと、タイヤ跡や水垢、汚れなどで色が黒ずんできて、施工時の雰囲気と比べて、お庭全体にやや暗い印象を与えてしまうこともあります。

 

そこで、ロハスガーデンズでは、コンクリート以外の駐車場の選択肢について、皆さんにご提案をしてみたいと思います。

なぜ、コンクリートで駐車場をつくるのか?

コンクリート以外の選択肢が知られていない

そもそも、なぜ、駐車場をコンクリートでつくることが主流となっているのでしょうか。

ロハスガーデンズにご相談いただくお客さまのお話をうかがうと、

 

「元々メーカーの提案がコンクリートだった」

「他にアイディアが思いつかなかった」

「コストの面で、コンクリートにせざるを得なかった」

 

といった理由があるようです。

 

耐久性も高いため、駐車場にコンクリートを提案する施工会社も多く、また、一般的に目にすることも多いから、コンクリート以外の駐車場という方法以外をもともと知らなかった、というケースが多いように思えます。

 

コンクリート駐車場のメリット/デメリット

​施工時から数年後で大きく印象が異なる

コンクリートの駐車場にもメリット、デメリットはあります。

ここでは一般的なコンクリート駐車場のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

 

メリット

  • 白っぽい色に仕上がるため、全体の印象は明るくなる

  • 石やレンガなどに比べるとコストを抑えることができる

 

デメリット

  • デザインや模様がないので、印象が味気なく無機質

  • タイヤ痕(黒い跡)や黒ずみが目立つ

  • 定期的なメンテナンスが必要

 

などが挙げられます。一般的にコンクリートの駐車場はワイヤーメッシュを施しているため、ひび割れなどのメンテナンスは不要といわれていますが、やはり、長年使い続けていると、タイヤの黒い跡や黒ずみが目立ってきます。

 

こういった黒ずみは、定期的に高圧洗浄機やデッキブラシでこするなどしても、なかなか施工時のような明るい状態に戻らないので、結果的に塗装するなどの加工が必要になってきます。

シンプルで無機質で雑草も生えないという理由から「コンクリートは手間がかからない」と思われているかも知れません。ところが実際は経年変化とともにメンテナンスする必要も生まれてしまい、その結果、手間がかかっている可能性もあります。

 

コンクリート以外の駐車場ってどんなものがあるの?

家全体の印象を決定づける「駐車スペース」

ロハスガーデンズでは、コンクリート以外の駐車場もご提案しています。

 

「駐車スペースをリフォームしただけで、家全体の印象が変わった」という声もよくいただきます。

 

そもそも大きな面積を占めるスペースですから、そのお家の表情や印象に影響がないはずがありません。(駐車していない時はとくに!ですよね)

 

また、駐車場スペースは道路に面しているところが多く、外からとても目に付く場所です。コンクリート以外の素材を使用して、よそのお宅とは違う駐車場をつくってみてはいかがでしょうか。

さらに、コンクリートと違って、経年変化を楽しむことができ、時が経つとともに、お庭全体に豊かさをプラスできるような、そんな素材を上手に使って、自然と調和する「手間のかからない庭」の観点から4つの素材を選んでみました。

 

ロハスガーデンズで過去に施工させていただいた駐車場のなかでも、とくに評判の良い駐車場の施工例ご紹介いたします。

 

(1)日本の銘石「みかも石」

ロックガーデンにも使用され、高級感あふれる素材

「みかも石」はロックガーデンなどで使用される場合もありますが、敷き詰めるとまた違った雰囲気を出してくれます。

20912_edited.jpg

「みかも石」は国産で、茶褐色をベースに黒いアクセントが入った自然の力強さが感じられる印象の石です。

20911_edited.jpg

さらに石の間に植物を這わせると、植物との相性がとても良く、硬い質感に優しさがプラスされます。ご近所でも評判の駐車場になるでしょう。

 

(2) 石材「エルドラド・ジャワ鉄平」など

水に濡れると180度違う表情に

「ジャワ鉄平石」は強度も高く、落ち着いた色合いで使用場所を選びません。

駐車場の素材としても最適で、駐車場の新築、リニューアルにはぜひともおすすめしたいアイテムです。

20910_edited.jpg

いかがでしょうか。天然の素材を使っていながらモダンな雰囲気を醸し出し、施工やデザインによってバリエーション豊かな表情が生まれています。

 

敷材として世界中で人気がありカラーも豊富。お家の雰囲気にあったアイテムをお選びいただけます。

20909_edited.jpg

天然素材ですから、写真のように水に濡れると雰囲気が一変し、独特の艶のある表情が生まれます。

 

(3)「ピンコロ」

ヨーロッパの街並みを彷彿とさせる高級感

「ピンコロ」は、カラーバリエーションと多種のサイズの組み合わせが自由で、動きのあるデザインが可能です。まるでヨーロッパの石畳を感じさせるような雰囲気の駐車スペースに仕上がります。

全面に敷き詰めると存在感は圧巻で、石畳のような高級感が演出できます。もちろんラインや一部のアクセントとして使用することも可能です。

 

(4)「レンガ」

経年変化で使い込むほどに味が出る

最後にご紹介するのは「レンガ」です。

 

「レンガ」の駐車場?

イメージできないかも知れませんが、実際に写真をご覧ください。

20906_edited.png

「レンガ」には焼き物特有の色むらがあり、表面の細かいひび割れもレンガ特有のもので、豊かな味わいが感じられます。もちろん商品や耐久性に問題はありません。

20905_edited.jpg

「レンガ」を敷き詰めるタイプもありますが、コンクリートのアクセントとして活用することで新しい表情を与えることもできます。

 

また、「レンガ」というと赤や茶色をイメージされるかもしれませんが、白や黒のものもあり、モダンスタイルのお家での活用も可能です。

 

レトロ調のレンガは角が欠けていたり、不定形であること、また色むらがとくに大きいことが、さらにその表情を豊かに演出することでしょう。

 

駐車場は庭づくりで重要なポイント

「みかも石」「ジャワ鉄平石」「ピンコロ」「レンガ」と4つの駐車場の素材をご紹介しました。

 

今回ご紹介した素材は、同じ素材でもデザインにより色々な顔を見せてくれます。

また同じデザインでも晴れた日と雨の日では、まったく違った表情を見せてくれます。

 

駐車場は、お庭の表情やご自宅の印象を左右するといっても過言ではないほど、大きな存在感のある場所です。

 

これから新築を考えていらっしゃる方はもちろん、コンクリートの駐車場をリニューアルしたい方も、ぜひ、ロハスガーデンズにご相談ください。駐車場の素材やデザインが「手間のかからない庭づくり」に大きく貢献すると私たちは考えています。

 

ロハスガーデンズでは、お客さまのライフスタイルに最適な駐車スペースをご提案します。

 

​お庭のお手入れでお困りのこと、ありませんか?

ロハスガーデンズではオランダのローメンテナンスから学んだ「手間のかからない庭」の提案をしています。また、負担にならないお手入れ方法などもアドバイスさせていただきます。

専門のスタッフがアドバイスさせていただきます。