ふなばしアンデルセン公園~12月みにくいアヒルの子ブース~



穏やかな小春日和のふなばしアンデルセン公園。

モミジやメタセコイヤが紅色に染まり、辺り一面が秋色です。



ロハスガーデンズでは、ふなばしアンデルセン公園の企業花壇にて、2009年4月から「みにくいアヒルの子」をコンセプトにしたお庭を展開しています。


自然の力を活用して、季節ごとに物語が進化していくような景観を、ご来場者のみなさまに楽しんでいただいています。


そんなメルヘンの丘ゾーンにある「みにくいアヒルの子」ブースには、アリッサムが咲き始めました。


小花が次々と咲き、モコモコとした姿は、雪綿のようです。

寒さに強く、お花の少なくなる冬のお庭に、彩りを添えてくれる、頼もしい存在です。

横に広がる性質があるので、グランドカバーにも、おすすめですよ。



みにくいアヒルの子は…

白鳥の姿になりました。




アヒルの子どもたちの傍には、デンマークの妖精「ニッセ」の姿が!

コニファーで作った、ハンドメイドのニッセ。

いたずら好きのニッセは、アヒルの子どもたちと何して遊ぼうかとワクワクしています。



おうちに幸せをもたらす妖精ニッセ。

みなさまのおうちにも、遊びに来ているかも!


クリスマスムード満点な、ふなばしアンデルセン公園。

みにくいアヒルの子どもたちとニッセが、みなさまのお越しをお待ちしています。

ロハスガーデンズ ローズでした。



アリッサム

学名:Lobularia maritima

科名 属名:アブラナ科・アレチナズナ属

原産地:地中海沿岸

分類:一般的に一年草


「ふなばしアンデルセン公園~企業花壇」は、こちらのブログでもご紹介しています。


ふなばしアンデルセン公園 ~10月の醜いアヒルの子ブース~|外構・庭・リノベーションのロハスガーデンズ (to-oh.co.jp)


ふなばしアンデルセン公園~11月みにくいアヒルの子ブース~|外構・庭・リノベーションのロハスガーデンズ (to-oh.co.jp)

19回の閲覧