ジャワ鉄平石でモダンな空間へ(市川市M様邸)


今日は、市川市M様邸ガーデンリフォーム工事の施工例をご紹介します。



「古くなったウッドデッキを撤去した後、雑草が茂ってしまい、放っておくうちに手のつけようが無くなってしまった。」

と、お問い合わせをいただきました。



リフォーム前

たしかに、土が露出してしまったことで雑草やハツユキカズラが旺盛に育ちすぎてしまい、お手入れもお手上げになってしまった様子でした。


今回、M様からいただいたご要望はこちら。


・雑草を生えないように、おしゃれにしたい

・大きくなりすぎない樹木を数本植えたい

・草花などを植えられる土の部分はある程度残してほしい

・お庭に出やすいようにステップなどがほしい

・玄関前のコニファーを大きくなりすぎないものに植え替えたい



いただいたご要望をもとに作成したプランがこちら。


ロハスガーデンズでは、お客様のご要望を伺ったのち、3DのCGグラフィックを使用したイメージ図を作成しています。

具体的なイメージが伝わりやすいと、お客様にもご好評頂いています。


今回のプランのポイントは、

・ジャワ鉄平石を使用した曲線デザインの自然石敷き

・リビングからお庭に出入りしやすいタイル貼りのステップ

・比較的お手入れのしやすい植栽選び

・ガーデニングを楽しむ花壇と植栽スペース



リフォーム後

お庭全体を自然石敷きにリフォーム。

土面を最小限にすることによって、雑草が再び生えてくるスペースを確実に減らすことができます。


今回は植物の緑とも相性が良く、落ち着いた色味が魅力的な乱形のジャワ鉄平石を選びました。

曲線のデザインにしたことで、チュラルな仕上がりになりました。


自然石は熱を吸収するので、夏の暑い時期にもそれほど温度が上昇しないというメリットがあります。

石自体が呼吸をし、多少の吸水性もあるので、庭にいながらマイナスイオンも楽しめますよ。



新たな植栽には、目隠しの効果も期待できる常緑樹のフェイジョア、ギンバイカ、ビバーナムをお隣との境界側に配置しました。

あとから好きな草花を植えられるように、下草は植えずに土のままの仕上げにしています。


紅葉も楽しめる落葉樹のマルバノキは、リビングや和室から眺められるような配置になっています。


いずれも、庭植えでは成長後も2〜3m以内に収まりやすく『大きくなりすぎない樹木』として人気があります。



ウッドデッキの撤去後、段差があることでお庭へ出ることも減ってしまっていたリビングの掃き出し窓には、ステップを作成。


ちょっとお花の様子が気になる時などに、お庭へ行き来しやすくなりました。



以前は、プランターや地植えでガーデニングを楽しんでいたというM様。


奥様が再びガーデニングを楽しめるスペースとして、レンガの立ち上がり花壇を作成。

立水栓と水受けも新たに設置しました。



リフォーム前

玄関前の大きく成長しすぎていたコニファー



リフォーム後

コニファーを伐採し、新たなシンボルツリーは乾燥に強いオリーブをご提案。

大きく成長し過ぎないように鉢植えでの植栽にしました。

M様邸の玄関まわりのデザインともマッチしています。


今回、工期が延びてしまうなどご迷惑をおかけしてしまうこともありましたが、伺うたびにいつも優しい笑顔で迎えてくださったM様ご夫婦。


工事完了の際には、「これから何を植えようかワクワクしています」とおっしゃってくださり、嬉しくなりました!


だんだんと気温も暖かくなってきたので、これから少しずつガーデニングを楽しんでいただけますように。


M様、この度はお問い合わせから工事完了まで大変お世話になり、ありがとうございました。


フェイジョア

学名:Acca sellowiana

科名 属名:フトモモ科 アッカ属

原産地:ブラジル南部 ウルグアイ パラグアイ

分類:常緑中高木

ギンバイカ

学名:Myrtus communis

科名 属名:フトモモ科 ギンバイカ属

原産地:地中海沿岸

分類:常緑低木

ビバーナム・ティヌス

学名:Viburnum

科名 属名:ガマズミ科 ガマズミ属

原産地:東アジア、ヨーロッパ

分類:常緑低木

マルバノキ

学名:Disanthus cercidifolius

科名 属名:マンサク科 マルバノキ属

原産地:日本

分類:落葉低木


ロハスガーデンズ 高木

閲覧数:70回