ふなばしアンデルセン公園~2月みにくいアヒルの子ブース~



ロハスガーデンズでは、ふなばしアンデルセン公園の企業花壇にて、2009年4月から「みにくいアヒルの子」をコンセプトにしたお庭を展開しています。


自然の力を活用して、季節ごとに物語が進化していくような景観を、ご来場者のみなさまに楽しんでいただいています。



そんな、メルヘンの丘ゾーンにある「みにくいアヒルの子」ブース。


ヨーロッパからやってきた、アンティークの巨大な木靴は、アヒルの子どもたちに大人気です。


木靴の上にあがりたくて、待ちきれないみたいです。



園内は、まだまだ冷たい風が吹いていますが、暦の上では間もなく立春。


今年もアリウム・シューベリティの芽が、あちらこちらから、出てきました。


アヒルの子どもと一緒に、楽しみに、観察していきたいと思います。




どこからか、ロウバイの甘い香りも漂ってくる、ふなばしアンデルセン公園。


今年も、みにくいアヒルの子どもたちと一緒に、みなさまのお越しをお待ちしています。

ロハスガーデンズ ローズでした。


「ふなばしアンデルセン公園~企業花壇」は、こちらのブログでもご紹介しています。

ふなばしアンデルセン公園~2021年みにくいアヒルの子ブース~|外構・庭・リノベーションのロハスガーデンズ (to-oh.co.jp)

閲覧数:36回