top of page

施工後20年!ウッドデッキとフェンスをウリン材でリフォームしました (船橋市S様邸)

こんにちは。

本日はリガーデン工事のご紹介をします。


ロハスガーデンズの事務所近くにお住まいのS様から、HPよりお問合せをいただきました。


S様は、20年ほど前に外構・お庭の工事をロハスガーデンズで施工されたお客様で、当時施工したウッドデッキとフェンスが一部腐食し、このまま使い続けるのは危ないかもしれないということで、今回リフォームのご依頼をいただきました。


施工前


既存のウッドデッキとフェンスに使用されていたのは、当時主流だったレッドシダーという木材。杉やヒノキといった木材と同じ、ソフトウッドです。

ソフトウッドは材質が柔らかく加工しやすい点、色味の美しさから人気のある木材ですが、屋外での使用の場合、10年以上経過するとだんだんと割れや腐食などが発生し交換が必要になります。


施工前


とても丁寧にメンテナンスをされていたこともあり、20年程経過していることを思えば良い状態でしたが、フェンスには部分的に目に見えて腐食している箇所もありました。


ご要望

・腐食してしまったウッドデッキとフェンスを新しくしたい

・生垣の手入れが大変なのでフェンスにしたい

・なるべく現状の形をそのままに再現したい


施工後


リフォームにあたり、お打合せの中で人工木材も検討しましたが、やはり天然の木の雰囲気がお好みということでした。

そこでレッドシダーよりも耐久性が高く、約30年は使用できるといわれるハードウッドのウリン材をご提案しました。


ウッドデッキやフェンスの大きさにもよりますが、人工木材に比べるとウリン材の方が価格が高くなることが多いです。

それでも天然木を選ぶお客様も多く、天然の木ならではの素材感や木の香りなど、人工木には出せない良さがあります。


施工前


施工後


とてもありがたいことに、20年前に施工したお庭のデザインを気に入ってくださっていて、当時の職人さんのことも褒めていただき有難い限りでした。

当時作ったサークル上のレンガ敷きなどはなるべく壊さずに、デッキの形も現状と同じように新しく作り替えたいというご要望でした。


なるべく既存のものを壊さないで済むように職人さんにも事前に現状の確認をしてもらい、S様と何度もお打ち合わせを重ねて、完成の形が決まりました。


施工前


施工後


完成したお庭を見て、S様にはとても喜んでいただけて、こちらも嬉しくなりました。

この度は、本当にありがとうございました!




閲覧数:49回

Comments


bottom of page