top of page

植物の手入れを楽にしたい!植物の「成長」バランスに着目した、手間のかからない庭とは?〜船橋市T様邸の事例〜


こんにちは。

今回は船橋市三咲T様邸、植栽リフォーム工事のご紹介です。


建売りを購入した際に、芝生や植栽スペースがあり、もともと植物の緑が豊富なお庭でした。



ところが、実際に住みはじめて3年程が経ち、中には成長が早すぎる植物もあることが判明。

駐車場の後ろに植栽スペースがあるため、枝が旺盛に伸びると大切にしている車にぶつかってしまうほどでした。

車に傷がつかないように年に数回は剪定が必要で、芝生も、なかなか芝刈りも出来ずにお手入れの手間がかかることに悩まされていました。


お手入れの回数は減らしたいけれど、植物が全くないのは寂しいということで、あまり手間のかからない植栽の提案が欲しいと、今回ロハスガーデンズにご相談いただきました。



T様からお悩みのご相談を受け、生活動線の邪魔にならない配置で、成長がゆるやかな植物や大きくなりすぎない植物をご提案しました。




メインの樹木には、成長が緩やかなソヨゴ。

ソヨゴは実をつける雌株と、実をつけない雄株があります。

普段は雌株を植えることが多いですが、今回は鳥などが来て車を汚してしまわないようにという理由で、雄株を選びました。


ソヨゴの隣には、成長しても大体3m程度の大きさにとどまり、自然に樹形が整うマルバノキを選びました。

植えつけ時は落葉していて葉っぱがありませんが、美しい枝ぶりも気に入っていただけました。



足元に配置した明るい色合いの割栗石と化粧砂利は、植物の緑との相性がとても良く、建物全体のイメージも明るい印象になりました。

植物を植えない部分には防草シートを敷いて雑草対策をしています。


今回は既存の植栽の撤去から完成まで、2日間の工事でした。

作業中には、配置の確認等でお声かけするたびにとても喜んでいただけて、こちらもとても嬉しくなりました。

T様、この度はお世話になり、本当にありがとうございました!




ソヨゴ

学名:llex pedunculosa

科名 属名:モチノキ科 モチノキ属

原産地:中国、台湾、日本(本州)

分類:常緑高木


マルバノキ

学名:disanthus cercidifolius

科名 属名:マンサク科 マルバノキ属

原産地:日本(中部、近畿、四国)

分類:落葉低木




ロハスガーデンズ

高木

閲覧数:182回

Comments


bottom of page