雑草よけの救世主?グランドカバープランツを取り入れて、お洒落でローメンテナンスなお庭を育てませんか。

花壇を横に這いながら、縁取ったように植えられている植物。

これって雑草?と思った事無いですか?


お庭の地面が見えている場所「隙間」に、忍び寄る雑草。

本当に困りますよね・・・

そんな迷惑な存在の撃退に、一役買ってくれる頼もしい草花が「グランドカバープランツ」です。


グランドカバープランツとは、「地面(グランド)」を「覆う(カバー)」植物のことを言います。

グランドカバープランツを取り入れると、土の露出部分が抑えられ、雑草を抑制する事ができます。

土の流出防止や乾燥防止にもなるので、手間のかからない美しいお庭が演出できますよ。



こちらは、ロハスガーデンズPlus店デザインウォール前に植栽されている「ディコンドラ・シルバーフォールズ」です。


ハート型をしたシルバーグリーンの葉が、少しずつ横に這いながら成長します。

葉の表面が白い細かな毛で覆われているので、陽の光によって辺り一面が銀白色に輝いて見えます。


グランドカバーで背景をつくると、メインの植物が一層引き立ち、変化のある立体的なお庭に変身します。

さりげなく寄り添い調和しながら、自らも美しく輝く・・・まさに名脇役プランツです。



グランドカバーは、基本的に手間がかからず、強健なものが多いです。


丈夫で踏まれても元気に育つ植物や、日陰でも育つ植物、かわいい小花を咲かせてくれる植物から、常緑で通年楽しめる植物まで、種類が豊富なところも魅力のひとつです。



こちらは、ラテン語「sedre=座る」が由来の、多肉植物の仲間「セダム(sedum)」です。

由来の通り、レンガの園路やタイルテラスの脇などに着生して、あっという間に伸びていきます。

小さなぷっくりとした葉が幾重にも重なるように成長し、星型の黄色い小花が咲き乱れます。


セダムは種類が豊富で、日本だけで原種が30種類以上あるとも言われ、世界の品種を含めると、その数は400〜500種類にもなるそうです。


夏の日照りや乾燥にも強いので、ビルの壁面や屋上緑化等に植栽されるなど、ヒートアイランド現象を緩和する機能性と、環境に配慮したサステナブルな面への魅力からも、注目されています。



こちらは、今年仲間入りした「クリーピングボリジ」です。

匍匐性のボリジに初めて出会い、ちょっと興奮です。


一般的なボリジは一年草の立性で5月~6月頃に青紫色の花が咲きますが、クリーピングボリジは、多年草で、春~秋にかけて淡いブルーの小花を長い期間、楽しむことができます。


全体がゴワゴワとした固い剛毛に覆われていて、いっけん強面ですが、ベルのような小花が俯きながら咲く様は、とても愛らしいです。


耐暑・耐寒にも強く、こぼれ種で増えるクリーピングボリジ・・・私のグラウンドカバーの一覧で急上昇中です!


今年の2月に植え付けた「リシマキア・ミッドナイトサン」と「ワイヤープランツ」も、見事に成長し、たくさんの黄色い小花で楽しませてくれました。


みかも石の石組みに見事に調和した様は、雑草の抑制するだけでなく、色彩のコントラストをはっきりさせて、お庭の印象をグッと引き締めてくれます。



地面をグランドカバープランツで覆うと、直射日光の当たったアスファルト面より、10℃以上地表温度が低くなるとも言われています。


植物は地中の水分を吸って蒸発させる蒸散作用という特性があり、気温が高ければ高いほど多くの水蒸気を放出するからだそうです。


真夏の日差しが照りつけるお庭に、グランドカバープランツを取り入れて、手間のかからない快適なお庭へと変身させてみませんか?

ロハスガーデンズPlus店ローズでした。



ディコンドラ

学名:Dichondra

和名:アオイゴケ(ダイコンドラ・ミクランサ)  

科名・属名:ヒルガオ科 ダイコンドラ属(アオイゴケ属)

原産地:北アメリカ、アジア


モリモラマンネン草

学名:Sedum uniflorum ssp. japonicum f. morimurae

科名・属名:ベンケイソウ科 セダム属(マンネングサ属)

原産国:日本


クリーピングボリジ

学名:Borago pygmaea、Borago laxiflora

英名:Bell-flowered borage

科名・属名:ムラサキ科 ボラゴ(ルリヂシャ)属

原産地:地中海西部コルシカ島


ワイヤープランツ

学名:Muehlenbeckia

科名・属名:タデ科 ミューレンベッキア属

原産地:ニュージーランド


リシマキア・ミッドナイトサン

学名:Lysimachia congestiflora ‘Midnight Sun’

科名・属名:サクラソウ科 オカトラノオ属(リシマキア属)

原産地: 中国


グランドカバープランツのご紹介は、こちらのブログでもご紹介しています。

もう雑草に悩やむ必要なし?地這植物とエクステリアの融合でローメンテナンスな庭を実現|外構・庭・リノベーションのロハスガーデンズ (to-oh.co.jp)

閲覧数:168回