天然素材で彩られた、ロハスな冬の装いをご紹介



冬の到来に足並みを揃えるかのように、ロハスガーデンズ本社も、冬の装いへと模様替えしました。

エントランスでは、フワフワのススキの穂で作ったリースが、お出迎えです。



フラワーデザイン・オードリーのデザイナーが、天然素材をたっぷりと使い、デコレーションしている姿をこっそりとパチリッッ。




今年は、真っ赤に色づいた薔薇の実と雲龍柳が主役なのかな?

広い吹き抜けの空間を、観葉植物との色彩を考えながら装飾するのは、とても難しそう…


無地のキャンパスが、実りの秋からの贈り物で、あっという間に描かれ、お打ち合わせルームが、華やかになりました。



初夏に存在感たっぷりで楽しませてくれたアリウム・シューベリティも、ドライフラワーになって大活躍。


陽光を浴びて映し出されるシルエットは、大輪の花火のようです。



タイルテラスの憩いの場となっているガーデンテーブルには、ドライフラワーのアレンジメントも添えられています。


薔薇の実や、ススキの穂、大きな松ぼっくりに混じり、シマシマ模様がアクセントになっているオキナワスズメウリが、コロコロとリズムカルに踊っています。



夏場は、グリーンカーテンとしても人気のオキナワスズメウリは、開花後、花のつけ根部分がぷっくりと膨れ、やがて緑色から徐々にオレンジ、そして赤い実へと変化していく、ウリ科のツル植物です。


愛らしいシマシマ模様がクリスマス装飾にもぴったり。

別名「琉球オモチャウリ」とも呼ばれています。


躍動感溢れる装飾を楽しんでいただけるのは、この冬の間だけ。

普段とは少し雰囲気の違うロハスガーデンズで、皆さまのお越しをお待ちしております。

ロハスガーデンズ ローズでした。



オキナワスズメウリ

学名:Diplocyclos palmatus

科名 属名:ウリ科・オキナワスズメウリ属

原産地:日本(トカラ列島以南)、台湾、中国、東南アジア、インド、太平洋諸島、オーストラリア

分類:蔓性一年草植物


おすすめ蔓植物は、こちらのブログでもご紹介しています。

ロハスガーデンズPlus店に春到来!|外構・庭・リノベーションのロハスガーデンズ (to-oh.co.jp)


えっ?鉢植えでもブドウが育つ?食べて…飾って…楽しみ溢れる、果樹栽培に挑戦しよう!|外構・庭・リノベーションのロハスガーデンズ (to-oh.co.jp)

32回の閲覧