top of page

鳥のオブジェ




こちらの小鳥さんは、作家さんが作ったアンティークの一点ものです。


その小鳥さんの背中に、ドライのオブジェを乗せてみました。

小鳥さんに羽が付いたようです。


その背中のドライの名前は、カザリシダといいます。

ドライになっているものだと思っていたら、生きていました!

何もしてないのに、葉っぱがニョキニョキ伸びてきて、今ではこんなに立派な羽のようになりました。

ショールームには、沢山の観葉植物があるので、毎日霧吹きが欠かせないのですが。

このカザリシダは、空気中の霧を吸って生きていたのですね。



植物って、凄いですね!



閲覧数:9回

Comments


bottom of page