5月のふなばしアンデルセン公園 みにくいアヒルの子 アリウム・シューベルティ




今年もオランダからやってきたアリウム・シューベルティの球根が開花しました。

見た目が花火のような個性的なお花です。


花が終わり葉が枯れる6月に球根を掘り上げ、11月に再び球根を植え付けます。

これを毎年繰り返し、今年で4年目になります。


球根の大きさはだんだんと小さくなってきたものの、アンデルセン公園の豊かな土地のおかげで、毎年大きな花を咲かせてくれます。


咲き終わった花はドライにして飾っても可愛いです!


 

ロハスガーデンズでは、ふなばしアンデルセン公園の企業花壇にて、2009年4月から「みにくいアヒルの子」をコンセプトにしたお庭を展開しています。


皆さまのお越しをぜひお待ちしております。



閲覧数:34回