ロハスおすすめ!「手間のかからない植物」日向~半日陰編

以前、ロハスガーデンズに工事依頼いただいた船橋市のS様より、自宅のユーフォルビアが見頃になったということで、素敵なお庭の画像をいただきました。


ユーフォルビア  'ウルフェニー'

学名:Euphorbia characias ssp.wulfenii

科名:トウダイグサ科

属名:ユーフォルビア属

和名:トウダイグサ

英名:Large Mediterranean spurge

原産:南ヨーロッパ/トルコ/バルカン半島



美しい花とユニークな草姿から、欧米で特に人気のあるユーフォルビアの一種です。

ユーフォルビアは、世界中に2000種類以上も存在する品種の多い植物ですが、特にこの「ウルフェニー」という品種は、ユーフォルビアの中でも耐寒性(-10℃くらい)があり、耐暑性も比較的強いため、関東地方では庭植えでも育ちます。


ブルーグリーンの葉がついた茎を地際から勢いよく立ち上げた草姿は、庭の中でもひときわ目を引く存在です!

3月下旬から5月にかけて、茎の先に黄緑色の大きい花穂をつけます。とても見応えがあります!


自然の風合いを持つ大谷石のテラスや、みかも石の園路が印象的なS邸の中庭。

やわらかな明るい光が差し込む、風通しのよい、日向〜半日陰の環境にあります。


そのようなS様のお庭では、ユーフォルビアのこぼれ種から株がどんどん増えて、太陽の光と雨水と土だけでも元気に育っているそうです。


手間のかからない植物とは…

「手入れが簡単で丈夫である」ことはもちろん、「環境に合った場所に植える」こともポイントの一つになります!



↓風に揺れるユーフォルビアの姿をご覧ください


ロハスガーデンズが目指している「手間のかからない」庭づくりを実践されているS様。

次回は、S邸のテラスをご紹介します。


(ロハスtaka)

94回の閲覧

最新記事

すべて表示