違いがわかる雑草、春の野草探し




柔らかい午後の光が差し込む、15時過ぎのロハスガーデンズ本社です。

社屋横の植栽スペースにある、個性的な樹形や葉を持つアカシアなどのオージープランツやグラス植物が、夕陽に照らされ透けて見えます。


現在、とても人気のあるオージープランツ。

以前の気候では、なかなか育たなかったオージープランツも、地球温暖化によって冬越しできる植物が増えてきました。

それから、夏の暑さにも耐えられる植物達も、新たに仲間入りしてきました。



ピンクの花が愛らしいこの雑草の名前は、ホトケノザ。

雑草という扱いの植物にも、こんなに可愛い雑草がいるんですよ〜。

「私達は、野草と呼んでいます!」


雑草なのですが、花の咲いている間は、野草として楽しみます!

花が終わった頃には、雑草の姿に変身してしまうので、もちろん抜いてしまいます。(._.)



そのホトケノザのすぐそばに、同じような花が咲いていました。


花や葉の付き方が少し違うけど、なんだか似ている。。。

これは??


調べてみると、

ホトケノザと同じく、シソ科オドリコソウ属の仲間の植物であることが分かりました。


~ヒメオドリコソウ~

学名: Lamium purpureum

科名:シソ科オドリコソウ属

原産地 :ヨーロッパ

分類:越年草

花期:3~6月


「ホトケノザ」と「ヒメオドリコソウ」

花はよく似ていますが、葉の付き方に違いがあります。


ホトケノザは、仏様の台座のように見える葉が、階を重ねるように段々につくことから…別名サンガイグサ(三階草)。

もう一方のヒメオドリコソウは、スペード形の葉が密になって付き、上のほうの葉はだんだんと赤紫色を帯びてきます。笠をかぶった踊り子を思わせる姿から、この名前が付いたそうです。


よ~く観察すると違いが分かります^^



~野草探しは続く~


(ロハス taka)


72回の閲覧

最新記事

すべて表示